英文契約書の知識 その5


(4) 法務部員及び弁護士の活用 海外(米国、ヨーロッパ)の相手方(企業)は、法務部に多数の人員を務して、国際取引における交渉に対応することができる体制を整えています。 米国では、その法務部…

英文契約書の知識 その4


(2) 書式の準備 国際取引の条件交渉において、自らに有利な条件を勝ち取るためには、まず、自社に有利な契約書案を相手方に素早く送りつけることが、有効な作戦ということができます。 海外の相手方…

英文契約書の知識 その3


2. 有利な英文契約書を締結するには (1) 交渉で提示される契約書案 国際取引において、取引の条件の骨子が合意された段階で、海外の相手方から送付されてきた「長く、細かく、具体的で、分厚い」…

英文契約書の知識 その2


(2) 英文契約書の特徴 英文契約書は、英文で記述してあるばかりか、「長く、具体的で細かく、分厚い」のが一般的です。 それに対して、日本国内取引で用いられる日本語での契約書は、「そう長いもの…

英文契約書の知識 その1


1. 英文契約の基礎知識 (1) 国際取引といえば「英文契約書」 現在、日本の大企業のみならず、中小企業、個人事業者においても、海外との取引は日常のものとなっています。このような国際取引には…

森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識