遺言、相続に強くなる!

5-2 公正証書遺言を紛失しても 大丈夫?


遺言をした人が亡くなったあと、家族が自宅にあるはずの公正証書遺言を探してみても、どうしても見つからない! もしそうなったとしても、大丈夫。相続人が公証役場に行けば、遺言書の謄本を再発行してもらえます。手順は次の通りです。

<公正証書遺言の再発行>
①相続人が最寄りの公証役場を訪ね、故人の遺言書があるかどうか検索してもらう
検索を申し込む際は、遺言をした人と相続人の関係がわかる戸籍謄本や除籍謄本、相続人の身分証明書等を持参してください。なお、コンピューターの遺言検索システムに登録されているのは、1989年1月1日以降に作成された公正証書遺言のみです。

②遺言書が見つかったら、原本が保管されている公証役場に謄本を請求する
公証役場が遠隔地にある場合は、郵送でも請求できます。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識