『相続実務のツボとコツ』

3-2 相続税の目安について


<相続税は、取得した財産の額によって変わる>
相続税は、故人の遺産額を基準に課税される税金です。そのため、相続人全員が負担する相続税のトータル金額は、家族で財産をどのようにわけたとしても、基本的には変わらないという考え方があります。

 

ただし、財産を引き継いだ相続人が実際に支払う相続税は、遺産をいくらもらったかや、相続人の属性(配偶者、兄弟など)によって大きく変わります。

たとえば、1億円の財産を子ども2人で5,000万円ずつわけた場合と、7,000万円・3,000万円にわけた場合では、相続人がそれぞれ負担する相続税は、次のように異なります。

 

どちらの例においても、2人が支払う相続税の合計額は変わりません。しかし、財産をどのようにわけたかによって、それぞれが負担する相続税は変わります。財産を5.5の割合でわけたなら全体の相続税を5:5の割合で負担し、財産を7:3の割合でわけたなら、全体の相続税を7:3の割合で負担することになります。

 

このように、相続人各人が支払う相続税は、故人の財産がいくらあるかだけでなく、いくら財産をもらったかによって変わります。

なお、相続人全員が負担する相続税の金額は、ある程度の目安を求めることができます。次の表は、相続人が子どものみのケースで、相続人全員が負担する相続税の総額を計算した早見表です。

次の金額を相続した財産の割合に応じてあん分すれば、それぞれの相続人が支払う相続税の目安を把握することができます。

たとえば、父が既に他界しており、今回母が亡くなった場合で、遺産1億円、子ども2人であれば、2人が支払う相続税の合計は770万円、仲良く5,000万円ずつ遺産をもらった場合は385万円(770万円×1/2)ずつ相続税を支払うことになります。なお、上記の表は次の算式によって計算しています。

 

{(財産額 - 基礎控除額)×法定相続分 × 税率 } × 相続人の数

※基礎控除額:3,000万円+600万円×法定相続人の数
※平成27年1月1日以後の相続税率を用いて計算しています。

 

<相続人が多いほど、相続税額は少なくなる>
表を見るとわかる通り、相続人が少ないほど相続税の総額は高くなります。それは、次の2つの理由があるからです。

1. 基礎控除額が法定相続人の数に応じて変動するため
相続税の基礎控除額は、3,000万円+600万円×法定相続人の数によって算定されます。そのため、相続人が1人増えれば基礎控除額が600万円増え、相続税の負担が減ります。

 

2. 相続人が多い場合、適用される相続税率が小さくなるため
相続税の税率は、法定相続分に応じて取得したと仮定した場合の財産額に対して税率を乗じます。
たとえば、亡くなった方に2億円の財産があり、子どもが1人しかいなかった場合、次の税率表の「法定相続分に応ずる取得金額」は「2億円以下」(2億円× 1/1(法定相続分)=2億円)に該当し、税率40%が適用されます。
一方で、もし亡くなった方に子どもが2人いた場合、「法定相続分に応ずる取得金額」は2億円 × 1/2(法定相続分)で1人あたり1億円となり、次の税率表の「1億円以下」の区分に該当し、30%の税率が適用されます。

 

つまり、相続人が多い場合、適用される税率が小さくなる可能性があり、相続税が少なくなります。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識