遺言、相続に強くなる!

遺言執行者について


~ 遺言は執行されなければ意味がありません。 ~

 

遺言の内容を実現するための手続きを行う人を遺言執行者といいます。

 

遺言執行者は遺言でのみ指定できます。

 

遺言執行者を指定しておけば、その遺言執行者が遺言の内容を実現してくれます。

(子どもの認知や相続人の廃除等、遺言執行者が必要なケースもあります)

 

 

遺言執行者は相続人でも第三者でもなれますが、信頼できる相続人かあるいは行政書士などの専門家を指定しておくことが賢明です。

 

また遺言執行者の報酬についても、遺言で定めておくことが出来ます。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識