入管手続きに強くなる!

追加資料提出通知書が届いたら


入国管理局へ在留資格の申請を無事ほっとして、
審査を待っていたところ「追加資料提出通知書」が届くことがあります。

追加資料提出通知書にかかれている内容は、
通常一般的には入国管理局に定めれれている必要書類以外の書類です。

行政書士などに頼まず、自分で申請した方にはよく届くようですが
行政書士がやっても「追加資料提出通知書」が届くことはよくあります。

この場合は真摯に対応することが必要です。

その後の審査の許可・不許可を分けるものですので
しっかりした対応が必要になります。

なぜ入国管理局は「追加資料提出通知書」を送ってきたのか?
その目的は書かれていませんが、
適切な許可基準に適合するか確認が必要なためです。

行政書士としては、個別ケースに合わせ追加資料提出通知書が来ないように
任意書類を最初から組み立てるのが腕の見せ所とも言えますね。

追加資料提出通知書が来ると無駄にお客様を不安にさせ、さらに行政書士に
対しても不信感を募らせる原因となるので注意が必要です。

 

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識