建設業許可に強くなる!

許可番号さえあれば全部できるんでしょ?


建設業許可には、29種類の「業種」と
いう考え方があります。

事業者は自社に必要な許可業種ごとに、
建設業許可を取得することになります。

ですので、1つの業種の建設業許可を受けていれば
全ての業種の建設工事を請け負えるということではありません。

ご相談いただく事例としては、「とび・土工工事業」の
許可をお持ちの事業者が請負金額600万円の「塗装工事」を
請け負えるか、というご質問をいただけば、
「塗装工事」は「とび・土工工事」ではないので、
請け負えません、受注できませんという回答になります。

別途「とび・土工工事業」の許可を取得(「許可業種の追加」と
いいます)して、適法な状態で受注していただくのが
正しい扱いになります。

別の事例として、「建築一式工事」の許可を
お持ちの事業者が800万円の内装工事を請け負えるか、
というご質問があります。

一見すると「建築一式は建築系の業務全部だから
内装工事も請け負える」という回答になりそうですが、
業法上は違います。請け負えません。

「土木一式工事」と「建築一式工事」は、
「総合的な企画、指導、調整のもとに」土木工作物、
建築物を建設する工事という内容になっています。

一式工事以外の工事は、この「総合的な企画、指導、調整」を
伴わないという解釈がされているので、
「建築一式工事」の許可をお持ちでも、
「内装仕上げ工事」にあたる内装工事は、
請け負えないことになります。
別途「内装仕上げ工事業」の許可を取得する
ことになります。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識