かけだし行政書士の奮闘日記

行政書士開業に向けて その2


登録まで時間があったので、行政書士の仕事の営業を行うことにしました。

会社の仕事で遺言書と遺産分割協議書については実務経験がありましたので、老人ホームに片っ端から電話をかけて『「遺言セミナー」を開きたいのですが、需要はありますか?』と営業しました。

冷たい対応をされたところがほとんどですが、運よく一つの会社と話が付き、2月にセミナーを行うことが決まりました。諦めない気持ちが大切です。

セミナーが決まったので、資料作りです。民法の改正により、自筆遺言書保管制度などができ、自筆証書遺言の作成が非常に便利になりました。そんなことも盛り込んだりして、現在セミナーの資料を作成中です。

会社員として上から言われた仕事をぼーっとやるのではなく、自立して自分で仕事を作れる士業というのは、めちゃくちゃ面白いです。全部自分の責任になるのですが、それは全く問題ありません。

はっきりいって、東大を卒業したような優秀な人材は、会社で飼い殺しにされるよりも外に出て働いた方が良いと思います。事務能力がとびぬけていますので、社会を知らない弁護士よりも相続の場面で活躍できるでしょう。

セミナーの資料作成も終わったので、今は登録証が来るのを待っている最中です。1カ月で来るって言ってたのに、なかなかこないですね~(続く)


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識