建設業許可に強くなる!

行政書士に依頼すると取得までの期間は短くて済む?


行政書士に依頼すると取得までの期間は短くて済む?

私は行政書士という仕事をしており、
建設業許可の取得をお手伝いすることは
メイン業務の1つです。

都道府県知事許可を取得する場合の許可まで
3ヶ月という期間(大臣許可の場合は6ヶ月程度)は、
行政書士に依頼すると短くできるでしょうか?

おそらく、短くできると思います。

ただし、この期間が1ヶ月になったり、1週間になったり、
ということは絶対に不可能です。

行政書士だからといって担当官庁での審査期間が
短くなるということはありませんし
(あったら却って困ります。不公平ですから)、

ご依頼いただいて申請のお手伝いをする以上、
しっかり依頼者である事業者のお話を伺った上で、
会社の様態を理解し、依頼者に合ったかたちの
建設業許可を取得できるようお手伝いする必要があるので、
それなりに時間をかけて準備をすることになります。

そのかわり、私達は専門業者なので、
正しい知識を基に依頼者に合った許可申請の方針をお示ししたり、
レアケースの案件にも豊富なノウハウがあるので、
自社の状況から「うちでは許可は無理だな...」という状況でも、
ご依頼いただくことで建設業許可を取得できるというケースは
非常によくあります。

お客様にとってはスピード感や適法性、
ノウハウの蓄積などの点から、
建設業許可専門の行政書士に相談してみるというのは、
お金の無題はならないと私は考えています。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識