入管手続きに強くなる!

日本人の夫が無職になったが配偶者ビザの更新は大丈夫?


結婚直後に新規で「日本人の配偶者」の
在留資格を取得した時は、
日本人夫側にはちゃんと仕事があったが、
今回の更新の直前に無職になってしまった場合。

 

「日本人の配偶者等」の在留資格は、

 

・結婚の信ぴょう性
・結婚の安定性
・結婚の継続性

 

この3点が主な審査項目で、
「安定性」という意味で日本人夫が無職になった場合は
問題になります。

 

ただ、結婚の信ぴょう性、継続性については問題ないわけであって、
夫がたまたま無職の時期と更新の時期が
かぶってしまったことの1つの理由で
不許可になることはないと判断します。

 

ただし、外国人配偶者の収入や預貯金、
持ち家で現在は生活していることを説明し、
仮に収入や預金がない場合は、
親族から援助を受けられるなどの説明を
立証資料と共にするのがよいでしょう。

 

またちゃんと仕事を探しているという意味で、
ハローワークで求職の登録をしているなどの
説明をすべきと判断します。

 

基本的に、無職の場合は「何の説明もなしに」更新の申請を
出すことだけは避けるべきです。

 

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識