入管手続きに強くなる!

日本で結婚したら本国にも届けるの?


日本で先に婚姻届を提出し、受理がされましたら、
日本では結婚が成立したことになります。

戸籍謄本に外国人配偶者の名前が載るのは1週間後くらいになります。

しかし、日本にのみ提出で本国にも届出をしないでおくと、
外国人配偶者は母国の登録上は独身のままとなります。

日本に届け出ても、日本の区役所・市役所の結婚したデータは
本国へは行きません。

ですので、自ら本国に届け出る必要があるわけです。

届出先と届出方法

届出先ですが、通常は外国人配偶者の日本にある大使館(領事館)です。
どうやって届出るかについては国によって違いがありますので、
事前に各国の大使館のホームページを確認するか、
電話で事前に確認を取った方が確実でしょう。

確認すべき項目は、何を持っていくのかが一番重要です。
各国によって違いがありますが、
通常考えられるのは、婚姻の記載のある戸籍謄本か、婚姻届受理証明書です。

違いは現地の母国語への翻訳が必要か、や外務省から認証手続きが必要か、
などです。

外務省の認証手続きの方法について説明します。
外務省の認証とは、戸籍謄本や婚姻届の受理証明に押された
市区町村長の「印」が本物であることを外務省が証明するものです

基本は日本で先に結婚したら本国にも届け出る必要があるのが原則ですが、
中国やイギリスなど、日本で先に結婚したら届出不要な国もあるの
国ごとに対応が異なっているのも複雑ですね。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識