建設業許可に強くなる!

建設業許可を持っていなかったら役所の調査が来た!


「建設業許可は持っていないが、昔からの付き合い
でずっと無許可でやってきているし、仕事も回して
もらえるからうちは取らないんだ」という建設業者がいました。

 

それまでは、良くない意味でうまく行っていたのでしょう。
ある日、地域を管轄する建設業者の監督部署から
「建設業法違反の疑いがあるから調査したい」と
連絡が入ります。

 

各地域の建設業者の監督部署
(地域によって土木部など様々な呼称があります)では、
定期的に業法違反がないか、
地域の建設業者などをチェックして、
必要に応じて巡回監督しています。

 

これによって業法違反などが発覚した場合、
軽微な場合は口頭での指導から、
程度によって文書による指導または
指示などのケース、最悪の場合は刑事罰を
課されるケースもあり、
年間でも何度か「建設業法違反(無許可営業)」など
ニュースが出ます。

 

上記の調査が来たケースでは、
無許可であっても建設業許可を
必要とする金額の案件を近年受注して
いなかったことなどから、口頭による
指導があっただけで終わりましたが、
建設業許可の取得がいかに大事かという話です。

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識