建設業許可に強くなる!

建設工事の種類を知ろう


そもそも「建設業」とは、何でしょう。

建設業者であれば当たり前のように
イメージできると思いますが、
業法の観点からは、
「建設工事の完成を請け負う営業」のことを言います。

完成を請け負うので、単なる人工出し、工事現場の清掃、
機械の点検、除草作業などを営んでいても、
建設業には該当しません。

業法上、建設工事は29業種に分かれています。

業法の建設工事と建設業の種類の表を見ていただくのが
よいと思います。

ただし、様々な工事が混じり合いながら
進む建設現場の全てをこれら29種類に単純に
分けることは不可能で、工事の様態に応じて
判断していくことになります。

建設業を管轄する国土交通省(以下「国交省」といいます)が
細かい分類の解釈の仕方を示しているので、
表の例示だけで判断がつきにくい場合は、
国交省ホームページからこれらの解釈を
見ていただくのも良いかもしれません。

このメルマガでは「分かりやすく」をモットーにしているので、
「建設工事は29業種に分かれている」というところを
まず確認していただければと思います。

 

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識