入管手続きに強くなる!

実務経験年数の数え方


外国人調理師の「技能ビザ」を取得するためには、
原則10年以上の実務経験が必要になります。

そしてその10年の実務経験があるということを
各種証明書で 立証する必要があります。

10年の実務経験の数え方についてよく質問を受けますが、

入国管理局の審査基準では、
「料理の調理または食品の製造に係る技能で
外国において考案され我が国において特殊な
ものについて10年以上の実務経験
(外国の教育機関において当該料理の調理または
食品の製造に係る科目を専攻し た期間を含む)
を有する者で、当該技能を要する業務に従事するもの」に
なっています。

 

ですので、実際の実務経験にプラスして、
専門学校などで当該料理につ いて学んでいたの
であれば学生の期間も通算して計算できます。

注意点は10年以上の実務経験という基準は、
1~2ヶ月不足しても不許可になりますので、
正確に10年以上が必要であると考えてください。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識