入管手続きに強くなる!

婚姻要件具備証明書とは何ですか?


国際結婚をしようとする人にとって、
婚姻要件具備証明書が必要になることが多いです。

おそらくほとんどの人は初めて聞く言葉でしょう。

そもそも「婚姻要件」とは何でしょうか?
婚姻要件とは日本人の場合は、男性は18歳以上、女性は16歳以上でなければ
結婚できません。
結婚に関するこれらの制限を婚姻 要件と呼んでいます。

では、婚姻要件具備証明書とはなんでしょうか?

婚姻要件は世界各国によって違います。
日本は18歳と16歳ですが、20歳以上と定めている国もあります。
ですので、外国人が そもそも婚姻要件を満たしているかどうかは、
その外国人の国の法律で決められています。
外国人が婚姻要件を満たしていることを証明した書類のことを
「婚姻要件具備証明書」と言います。

外国人の婚姻要件具備証明書の取得方法

国によって通常は違いがありますので、
事前に大使館(領事館)のホームページで確認するか、
それでもわからない場合は電話で確認したほうがよいでしょう。

出生証明書や独身証明書を添付するように指示されている場合もあります。
その場合は、本国から事前に取り寄せておく必要があるということになります。

日本人の婚姻要件具備証明書の取得方法

日本人の婚姻要件具備証明書は、法務局で発行しています。
通常は出張所では発行していませんので、
最寄りの本局か支局へ行く必要があります。

事前に法務局に婚姻要件具備証明書の発行をしているか確認を取り
持っていくものを聞いておく事をお勧めします。

日本人の婚姻要件具備証明書(法務局発行)を
配偶者の母国の役所に提出する場合は、
通常はさらに日本の外務省の認証を受けなければなりません。

行政書士としては婚姻要件具備証明書の外務省の認証も代行するのか、
しないのか、するならいくらかをメニュー決めしておくことをおススメします。

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識