入管手続きに強くなる!

国際結婚のビザについて


私は国際結婚のビザの問い合わせもけっこう多くいただきます。

どんな問い合わせが多いかと言うと、
「国際結婚したので妻のビザを取りたい」、
とか、逆もありますね。
「外国人の夫のビザを取りたい」という問い合わせですが
最近多いのが「自分で申請したけど不許可になった」
という問い合わせも多いですね。

 

国際結婚では中国人、韓国人、フィリピン人の方と
結婚する方が比較的多いようです。

他にもタイ、ミャンマーとか東南アジアの方と
結婚される方もいらっしゃいます。

男性の方が比較的アジアの方と結婚するケースが多いですが、
女性の方は欧米の方の方が多い気がしますね。

日本人と結婚して、外国人が日本に住むためには
「日本人の配偶者」というビザをとる必要があります。

 

これは「婚約者」では取れませんので、
かならず入籍する必要があります。

ビザは入籍してから申請する手続きになります。

なので、逆にいえば入籍したのにビザがもらえない、
ビザが不許可になったというケースも発生する可能性があります。

 

結婚自体は手続き的に必ずできますが、
結婚ビザ、配偶者ビザは結婚したからと言って
必ずもらえるわけではないです。

入籍したけどビザが出ないって最悪だと思います。
日本に一緒に住めないですから。

なぜ不許可になる可能性があるかというと、
審査で落とされるんですね。入国管理局の審査で。

ビザ目的の偽装結婚が多いからです。
よくニュースにもなると思います。

 

だからビザを取るためには私たちの結婚は正真正銘の結婚であって、
偽装結婚ではないという判断をしてもらうために、
ちゃんと資料を準備して申請する必要があります。

 

この結婚は正真正銘の結婚であり、
偽装結婚でないということを自分で証明する必要があります。

それでこの自分で説明したり証明したりするやり方や、
方法が良くないと偽装結婚じゃないのに
不許可になってしまうというのが結婚ビザ、
いわゆる配偶者ビザの特徴です。

そして差別じゃないですけどアジアの方との結婚のほうが
欧米の方との結婚に比べて審査が厳しいとは思います。

それはアジアの方のほうが過去、偽装結婚が多かったからだと思います。

なので申請の説明責任は自分にある、
それも丁寧に説明して、
それを証明しなければならないということを
念頭においてほしいのであまり軽く考えることはしないで、
手続きを進めていってほしいと思います。

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識