入管手続きに強くなる!

国際結婚と在留資格の関係


国際結婚を手続面から見ると、
外国人配偶者の国別の「結婚手続」と
日本で滞在する資格である「在留資格」という
2つの面があります。

2人が日本で生活をするという前提で考えると、
国際結婚の手続と、在留資格の手続は全く別物です。

国際結婚の手続でお世話になる役所は主としては、
市区町村役場、法務局、大使館・領事館ですが、
在留資格は入国管理局です。

役所の管轄がそれぞれ違うために、
有効に婚姻が成立したところで
在留資格が認められるかどうかは全く別物であるというのが
手続き面で複雑になっているところだと思います。

適法に「在留資格」を取得しなければ、
国際結婚をしたところで日本には住めません。
(日本人が外国に住む場合は別です。)

国際結婚手続きにしても、外国人配偶者の国によって手続が
全く異なりますので、煩雑さがましています。

国別の国際結婚手続きはある程度概略は頭に入れておいて
受注したら細かく顧客ケースに合わせて調べていくという
スタンスで最初はよいかと思います。

なぜなら国は200くらいありますし、それぞれ微妙に
手続きが異なるので覚えきれるものではありませんから。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識