建設業許可に強くなる!

今まで無許可で何十年もやってきたんだけど…駄目なの?


何十年も事業を継続してやってこられただけで
素晴らしいですが、あくまで建設業許可の観点からは、
業法に違反していなければ駄目ではないですし、
違反状態であれば駄目です、ということになります。

 

法令上正しいかどうかは別として、これまで
ご相談いただいた事例として見聞きしている範囲では、
業法上建設業許可が必要な事業者でも、
無許可営業を続けていらっしゃった事例は多くあるようです。

言葉は悪いですが「バレないでやってきたからこれからも大丈夫」と
いうお考えなのかもしれません。

 

ですがまず第一に法令違反ですし、
バレなかったのはたまたまそうだっただけで、
バレない保証はありません。
(バレたら先の通り、最悪の場合は刑事罰です)

 

また、建設業許可が必要ない事業者でも
社会的信用のために建設業許可を取得している現在では、
無許可でいることで事業者間の競争に
追いつけなくなることにもなります。
(法令違反状態であれば競争以前の問題ですね)。

 

残念ながら、何十年もやってきたスタイルだからこれでいい、
という訳にはいきません。

 

法令を守る意味でも、業界内で競争していく意味でも、
建設業許可を取得する必要があるのであれば、
すぐにでも取得するべきだと言えるでしょう。

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識