遺言、相続に強くなる!

はじめに


遺言書とは、死が目前に迫ったときに作成するものだと思っていませんか?

 

あるいは自分には必要のないものだと思っていませんか?

 

遺言書とは、テレビドラマや映画に出てくるような、莫大な資産を持ち、仲の悪い家族達に囲まれた、孤独な老資産家にしか必要のないものではありません。

 

ごく普通の人にとっても必要とされるものです。

 

人は生前、自分の意志で自由に財産を処分できますが、万が一のことがあった場合、遺された家族達は故人の意思を確かめることが出来ません。

 

故人の意思を最大限尊重したくとも、その意思を確認するすべが無ければどうしようもありません。

 

そのときに“遺言書”という、形になったものが遺されていたなら、遺された家族は故人の意思を確認することができ、その内容に沿った形での財産の分配が可能になります。

 

遺言書を作成することによって、遺された家族達に無用の心配をかけることが避けられます。

 

生前に遺言書を作成しておくことは、決して“自分には全然関係のないこと”でも、“縁起でもないこと”でもありません。

 

遺される家族のための思いやりとして、そして安心を贈るために、遺言書を作成しておくことをおすすめします。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識