遺言、相続に強くなる!

【コラム】公証人とは?


公証人は、元裁判官や検察官など法律の専門家で、公証役場において、当事者などの依頼 (嘱託)により「公証」をする国の公務員です。

・公証役場はどこにあるの?
公証役場は全国に300以上あり、遺言書を作る際は、どの公証役場を選んでも構いません。ただし、自宅や介護施設等に公証人に出張してもらう場合は、出張費や交通費がかかることから、同一県内で最寄りの公証役場を選ぶべきでしょう。

・代理人でも打ち合わせ可能
公証役場での打ち合わせは、遺言をする本人ではなく代理人でも可能です。委任状が必要かどうか、事前に問い合わせるといいかもしれません。公証役場によっては、電話や郵送、メールで打ち合わせすることもできます。

・どんな書類が作成できるの?
遺言書や任意後見契約書、民事信託契約書、死後事務委任契約書など、相続や財産管理に関する書類だけでなく、離婚や会社設立時の書類も作成できます。


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識