遺言、相続に強くなる!

「戸籍」を知る


1.戸籍制度とは

日本国民の国籍とその親族的身分関係(夫婦、親子、兄弟姉妹等)を戸籍に登録し、これを公証する制度である。また、人の身分関係の形成(婚姻、離婚、縁組、離縁等)に関与する制度でもある。戸籍制度の目的は、日本国民の出生から死亡に至るまでの身分関係を「戸籍」という公文書に登録して、これを公に証明することである。

2.戸籍簿とは

届出(出生届、婚姻届、離婚届、死亡届など)等に基づき、日本人の国籍に関する事項と人の出生、婚姻、離婚その他の重要な事項を記載し、これを考証する公文書である。

3.戸籍簿の種類

「戸籍」「除籍」「改製原戸籍」の3つがある。

(1)戸籍全部事項証明(戸籍謄本)・戸籍個人事項証明(戸籍抄本)

現在の戸籍内容を証明したものである。「全部事項証明書」は戸籍に記載されている者全員の証明で、「個人事項証明書」は一部の者の証明である。なお、平成6年法務省令51号により改製された「コンピュータ化された戸籍」を「全部事項証明書」「個人事項証明書」といい、コンピュータ化されていない戸籍を「戸籍謄本」「戸籍抄本」という。

(2)除籍全部事項証明(除籍謄本)・除籍個人事項証明(除籍抄本)

戸籍に記載されている者全員が、転籍(戸籍の所在場所である本籍を移転すること)・婚姻・死亡などの理由で除籍(空)になったことを証明するものである。「全部事項証明書」は戸籍に記載されている者全員の証明で、「個人事項証明書」は一部の者の証明である。コンピュータ化後に除籍となったものを「除籍全部事項証明」「除籍個人証明」といい、コンピュータ化前に除籍となったものを「除籍謄本」「除籍抄本」という。

(3)改製原戸籍謄本・改製原戸籍抄本

戸籍を様式変更やコンピュータ化のために改正する前の、元の戸籍に記載されている内容の証明である。「改製原戸籍謄本」は改製原戸籍に記載されている者全員の証明で、「改製原戸籍抄本」は一部の者の証明である。

4.戸籍の編製基準

戸籍は、市区町村の区域内に本籍を定める一の夫婦およびこれて氏を同じくする子を単位として編成されている。また、配偶者のいない者(未婚者)が子(養子)を有するに至ったときは、その者(親)と子をもって戸籍を編成する。

5.「戸籍の附票」とは

戸籍の附票は、住所の移転を記録した書類で、本籍地で戸籍と共に管理されている。附票には、本籍・筆頭者のほか、その戸籍にいる者の住所の異動が記録されている。なお、住民票の異動があれば住所地から本籍地へ通知がされ、戸籍の附票の記載が変更される。転籍等で戸籍の記載に変動があれば、附票を通じて住所地に通知がされ、住民票の記載が変更される仕組みになっている。

三鷹はなさく行政書士事務所
森井 啓之

 


森井 啓之

代表 行政書士

森井 啓之

東京大学法学部を卒業後、大手金融機関に入社。法務部で、民法改正への対応、リーマン・ブラザーズの破産管財人との英語での激しい交渉を経て莫大な債権回収(詳細は守秘義務)に成功。また、個人融資における遺言・相続業務など幅広い経験を積んで参りました。皆様に、迅速かつ丁寧で最高の法務サービスをご提供させて頂ければ幸いです。

 お問い合わせ
contents
↓応援ポチ感謝です↓
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
様々な法律知識